SEBUN URUSHIGAWA

稲光りが焼き付けたのは科学者の最期だった